春が待ちきれない!ミモザギフト

ミモザの季節到来!!

 

新年を迎え、花市場はスイートピー、ラナンキュラス、チューリップ、ストック、アネモネ・・・・とカラフルな春の花で溢れ、活気に満ちています。

 

そんな中でとりわけ目を引くのが、春を待ちきれないと言わんばかりに、色鮮やかなイエローの花を咲かせたミモザの花です。

 

 

国際女性デーと関わりのある「ミモザの日」

 

ミモザは春を告げる花として古くからヨーロッパを中心に人気があり、フランスのニースでは、1931年から毎年2月に「ミモザ祭り」が開催され、街中がミモザの黄金色に染まります。

 

またイタリアにおいても、2月から3月にかけてたくさんのミモザが咲き誇るため、1977年に制定された38日の「国際女性デー」のシンボルフラワーにもなっています。そのため、この日は「ミモザの日」とも呼ばれています。

 

 

「ミモザの日」には、男性が女性に日ごろの感謝や尊敬の気持ちを込めて、「おめでとう!」の言葉とともにミモザの花をプレゼントするのが慣例です。

 

贈る相手は恋人や妻だけではなく、家族や職場の人、友人、お店のお客さんなど、お世話になっている人には誰にでも気軽にプレゼントします。

イタリアでは、女性たちはそのミモザを手に、レストランに集まって女子会を開くことも多いそう・・・・。とっても楽しそうですね!

 

日本におけるミモザ人気

 

日本においても、38日の「ミモザの日」はミモザ人気とともに広く認知されてきており、毎年多くの人がミモザを買い求めています。

駅前の花屋では、仕事帰りにミモザの花束を買っていく男性の姿も見られ、日本人にとってもミモザは身近な花になっています。

 

 「ミモザとパンジーのミニブーケ」

 

ミモザはその綿毛のようなフワフワな花が魅力ですが、ドライフラワーにも適していることから、リースやスワッグに加工して長く楽しめることも人気の秘密です。

乾燥すると花は三分の一ほどに小さくなりますが、鮮やかな色はそのまま残ります。

アルミ製のジョーロやバスケットなどに無造作に飾り、お部屋のコーディネートを楽しみたいですね。

 

さて今年も、よいはなでは新鮮なミモザを使用したブーケやアレンジメントなどをご用意しています。今回は、その第一弾!

シンプルなスワッグなどは、自分へのご褒美につい欲しくなってしまいますね。

 厳選した産地のものをお届けしますので、旬を迎えたばかりのミモザをぜひお楽しみください。

 

「ミモザとカスミソウのスワッグ」

 

「春のミモザバスケット」

 

「春満載のミモザブーケ」