10月31日「ハロウィン特集」

 

いつもよいはなをご利用いただき、ありがとうございます。 今回の特集は、ハロウィンです♪

 

 

 

 9月下旬になると花市場にはカボチャが出回り始め、鮮やかなオレンジ色が目を引きます。

カボチャと言っても食用ではなく、ハロウィンの観賞用に育てられたオモチャカボチャです。

こちらはオレンジ色のカボチャですが、他に白や黄色など色も豊富で、見かけると思わず手に取りたくなります。

 

 

 

そしてこちらは直径40センチほどの大きなカボチャ!!とっても重いので、車に積み込むのもひと苦労です。

 

 

 

中には子供の大きさほどのサイズのものもあり、セリ場にゴロゴロと運び込まれているのを見るとワクワクます♪

 

中には、カボチャにわざと傷をつけて、顔や文字をかたどった大きなカボチャもあり、なんと「魔」や「亀」などの文字が入っている、生産者さんの遊び心が垣間見られるカボチャもあったりします♪

 

 

 

こういった光景は、ハロウィンならではですね。

品種によっては食べられるものもあり、ヨーロッパではハロウィンが終わったらスープなどに入れて食べるのが一般的だそうですよ。

 

ハロウィンは、アイルランドの古代ケルト人が起源と考えられているお祭りです。

ケルト人にとっての一年の終わりは10月31日で、この夜は秋の終わりであり、死者の霊が家族を訪ねてくると信じられていたそうです。

この死者の霊や魔女などから身を守るために人々は仮面を被り、魔除けの焚火を焚いていたのがハロウィンの由来になっているようです。

 

31日の夜に、カボチャやカブをくり抜いて中に蠟燭を立て、魔女やお化けに扮した子供たちが近くの家を一軒ずつ訪ねては「トリック・オア・トリート」(お菓子をくれないと悪戯するよ!)と唱えるのは、よく知られていますね。

 

これから街はハロウィン一色になりますが、ホームパーティーなどでお花が活躍する機会が多くなりますね。

10月は、このハロウィンにちなんだフラワーギフトがおすすめです。

一部の商品には白カボチャをセットでお付けしていますので、季節のギフトにはもちろん、ご自宅用にもぴったりですね。

 

 

キャンドルなどの小物と一緒に飾ると、お家の中にハロウィン・コーナーの完成です。

大人も子供もワクワクのハロウィン、10月31日に向けて積極的に楽しみたいですね。

 

By フラワーデザイナー Nao