8月8日発送の定期便テーマ「トロピカルサマー」

いつもよいはなをご利用いただき、ありがとうございます。


今週の定期便は、「トロピカルサマー」をテーマにお届けしております。





今年の夏休みは、久々にバカンスに行かれる方も多いのではないでしょうか?地域によっては毎日危険な暑さが続いていますので、みなさまくれぐれも熱中症にはお気を付けください。


ところで、ハワイや沖縄を訪れた際に「南の島に来た!!」と実感するのは、どんな瞬間でしょうか?

それは初めに空港に降り立った時に体感する熱気や、コバルトブルーの海、そして南国独特の植物を目にした時ではないでしょうか。


ハイビスカスにブーゲンビリア、プルメリアといったトロピカルなお花が街路樹として植えられているのを見るだけで、いっきにテンションが上がりますよね!みなさんは、お好きなトロピカルフラワーはありますか?

私はプルメリアが大好きで、バリ島などに行くと道端に落ちているたくさんのプルメリアを拾い集めては、ホテルの部屋に飾って香りを楽しんでいます♪

夏場は首都圏のお花屋さんでも鉢を購入することが出来るのですが、冬はプルメリアにはあまりに厳しい環境のため、温室のようなものを作って管理しないと、冬越しをさせるのはなかなか難しいですね。

その土地に行かないと楽しめないお花だからこそ、旅先で目にしたときの感動が大きいのかもしれません。

さて今回はそんなトロピカルフラワーの中から、切り花で手に入れることができて、長持ちするものをみなさまにお届けしております。


まずは、グズマニアです。



<グズマニア ティグラ>

グズマニアはパイナップル科に属するお花で、熱帯地方原産のお花です。

木や岩に根っこを張って生きる“着生植物” と呼ばれるもので、つるつるとした質感が面白いですね。

花びらのように見える部分は “苞” と呼ばれる葉が変化した部分で、本来の花は中心部にあります。

鮮やかなグラデーションが目を引きますね。


そして次は、ヘリコニアです。




<ヘリコニア アンドロメダ>



ヘリコニアは熱帯アメリカ・南太平洋が原産で、別名「オウムバナ」と言われるとおり、鳥のくちばしのような形をしています。朱赤色が眩しい、南国らしい印象のお花ですね。日本でも、沖縄の石垣島などで生産されています。


このヘリコニアも、グズマニアと同じく赤い花のような部分は苞(ほう)で、淡い黄色の花が苞の中に隠れています。


そういえばトロピカルなお花って、赤やピンク、オレンジと色が鮮やかで主張が強いものが多いと思いませんか?

何故でしょうか・・・・・?しかも赤いお花が特に多い気がします。


それは、赤道に近いほど太陽光が強いため、色が鮮やかで目立っていないと受粉のための虫や鳥を呼び寄せることが出来ず、生存競争で生き残れないからなのだそうです。


そういえば、植物だけでなく動物や鳥、そして人々のファッションも、熱帯地方はとっても鮮やかですよね!


しかも、特に太陽の光が強い場所では、太陽の光が反射して黄色が見えにくくなってしまうそうで、そのため太陽に負けない赤い色の花が多くなったようです。


ヘリコニアの赤い鳥のような姿は、仲間だと勘違いした鳥を呼び寄せようと主張しているのかもしれませんね。


ちなみにこちらは、バリ島のお花屋さんで見かけたアレンジメントです。




種類は違いますが、とっても大きなヘリコニアがどーん!!と入っていますね!

そしてアンスリウムにデンファレ、チューベローズやハスの花など、トロピカルなお花が満載です♪


南国のお花屋さんでは、こういったおアレンジメントが年間を通して飾られています。



さて最後にご紹介するのが、花パインです。




<花パイン スタールージュ>



観賞用のパイナップルで、ピンク色が赤ちゃんみたいで可愛らしいですね♪


見ての通り、観賞用に育てられているため食べることはできないのですが・・・・・

ミニパインは育てることが出来るので、今日はその方法をご紹介します。


花パインは通常のパイナップルと同じく、しばらくすると実の部分に張りがなくなって萎れてきます。

そのタイミングで、上の葉っぱの部分を少し実が残る程度のところでスパッとカットしてしまいます。

下の実だけの部分は処分して、上の部分を少しだけ水を入れたコップなどに入れておくと、数週間から1か月で根っこが出てきます。その間、お水は濁る前に取り替えます。


根が出た後は土に植えつけ、陽の当たる暖かい場所で管理すると、すくすくと育っていきますよ。


ぜひ、お試しくださいね♪



というわけで、今回ご用意したトロピカルフラワーはこちら。



・グズマニア ティグラ  フィリピン

・アンスリウム トリニダ 台湾

・クッカバラ 琉球生花(沖縄県那覇市)

・花パイン スタールージュ 太陽の花(沖縄県東村)

・ヘリコニア アンドロメダ JAおきなわ(沖縄県石垣市)

南国のお花は、あまり涼しすぎるところに置くと凍えてしまいます。特に冷房の風が当たる場所は避け、常温の場所に飾ってくださいね。



みなさまのご自宅でのコーディネート、Instagramでの投稿お待ちしております♪

#よいはな  #yoihana @yoihana_flower


今回の定期便につきましては、YouTube動画でもご紹介しています。ぜひご覧ください。

https://youtu.be/KmR1ugHFZCw

そして次回の定期便は・・・・「お盆のお花」をテーマにお届けする予定です。

ぜひ、お楽しみに♪



by よいはなフラワーデザイナーNao