1月21日はスイートピーの日!!


いつもよいはなをご利用いただき、ありがとうございます。

新年最初の特集は、スイートピーです。


「門出」という花言葉を持つスイートピーは、出会いと別れの季節にぴったりのお花です。卒業式や入学式、送別会などでは欠かせないお花ですし、また新しいことに挑戦しようとしている方への応援メッセージとして贈られる方もいらっしゃいますね。


スイートピーは、日本の切り花輸出量第1位を誇る大黒柱的な存在ですが、国内においても広く親しまれる馴染みの深いお花ですね。


これから3月下旬にかけて旬を迎えますが、1月21日が「スイートピーの日」として制定されていることもあり、今回よいはなでは一足早く、渥美半島のJA愛知みなみのスイートピーを皆さまのもとにお届けいたします。


JA愛知みなみは年間通して日照量が非常に多く、また北、南、西を海に囲まれている珍しい土地です。そのため湿気が少なく砂地が多いといった土壌を生かし、毎年多くの種類の花が生産されています。今回はそのJA愛知みなみのスイートピーから、4品種をご用意しております。


ヨーロッパでは、ルームフレグランスとしても親しまれているスイートピー。

お花はもちろん可愛いのですが、この甘い香りが大好き!という方も多いかと思います。

私よいはなスタッフも、毎年この時期にはスイートピーの束を抱えては顔をうずめて、幸せな気持ちになっています♪


実はこのスイートピー、香りのタイプが大きく3つに分類されるのをご存じでしょうか?


一つ目は、原種系にみられるバラ、ヒヤシンスの様な香りに、柑橘類やブドウに似たフルーティな特徴を持つ香りです。「P」と表記されています。

二つ目はバラ、ブドウに似た甘くフルーティな香り「F」。

三つめは柑橘類、フレッシュグリーンの爽やかな香り「G」。


我々が花の仕入れをする際には、こういった香りの表記も参考にしています。

皆さまのお手元に届くスイートピーは、どのタイプの香りでしょうか・・・?

ご購入いただいた方は、是非お花のプロになりきってこの豊かな香りを楽しんでみてくださいね♪

他の春のお花と一緒に活けて香りの違いを比べてみるのも、素敵なおうち時間の過ごし方ですね!


さて、よいはなではスイートピー特集の他にも、ラナンキュラス、チューリップなど春のお花をご紹介しております。


お花が長持ちする嬉しい季節ですから、ご自宅で存分に愛でて頂けたら嬉しいです。


ーーー
<よいはな オフィシャルアカウント>

ーーー
▼よいはな よくある質問FAQ