11月6日は『いいマムの日』

11月6日は『いいマムの日』です。

マムとは、キクのこと。

キクの学名であるChrysanthemum(クリサンセマム)の後ろの3文字mumを取った略称です。

マムの花の普及とPRをする国内のマムの生産者による団体 OPTIMUM(オプティマム)により、昨年2021年9月9日に制定された記念日です。

11と06で「いい(11)マム(06)」と読む語呂合わせと、11月は各地で菊花展や菊まつりが行われるなど、最もキクが美しく咲き、出荷の最盛期でもあることから、この日がマムの日となっています。

 

昔から親しまれてきたキク。

お供えなどのご用途で使われることも多いため苦手という方もいらっしゃいますよね。

古くから秋の季語としても、着物や器の柄などとしても描かれ、日本を象徴する花としても愛されてきたいお花です。

たくさんにのみなさまに、改めて菊の魅力を伝えたいと思いよいはなでは6種のマムをご紹介いたします。

長い期間美しく咲き、秋を彩る花としてのマムの魅力を知っていただきたく、

造形美が美しく一本だけでも絵になるような姿や可愛らしい姿を、マムを飾って愛でて、美しさを再発見してみてくださいね。

 

マム イグニス

 

 

スプレーマム バルディカサーモン

 

JA愛知みなみのカラーリングマム

カラーリングマム詳しくはこちら

 

よいはなでは、ひとつひとつ丁寧に、心を込めて市場よりお届けしております。

 

マムの日