11月16日は『いい色の日』

秋も深まり山や街の樹々が色づき、赤や黄色の紅葉にときめく季節になりました。色が染まっていく変化に目を奪われてしまうそんな時期です。

そんな季節の色をご自宅でも楽しんでほしくて、11月16日の『いい色の日』にフォーカスしててみました。

 

11月16日は『いい色の日』

11月16日㈬は「いい(11)いろ(16)」と読む語呂合わせから、塗装業界団体が制定した記念日です。「色」が日常生活に与える影響を見直す日とされています。

 

 

みなさんにとってのいい色ってどんな色ですか。

身の回りにあふれる色に時に影響を受けたり。

意味があったり。心理的効果があるとも言われていたりしますよね。

 

また、お花も好きな色でご購入される方も多いはず。

日常に溶け込む色や花は、飾るだけで気分を落ち着かせてくれたり、ときめかせてくれたり。香りや日々の変化で穏やかな気持ちになれたりしますね。

そんな色と花の効果を感じていただけたらいいなと思い、定期便と同じサイズの箱に、いつもより少し豪華なお花のご自宅用の花材を6色でご用意いたしました。



【ご自宅用花材】秋の6

・ピンク

ピンクは、淡いピンクのように愛を感じさせる色でありながら、レッドのような強いエネルギーをもつ色です。自己治癒力を高めたり、精神的なダメージを癒す効果があるといわれています。


・パステルピンク

パステルピンクは、優しく愛情あふれるイメージのあるカラーで、気持ちを落ち着かせる心理効果があるといわれています。癒しの空間を作りたい方はインテリアにピンクを取り入れると穏やかに過ごすことができそうですね。

 


・イエロー

イエローは見ているだけで心を弾ませ楽しい気分にさせてくれますよね。

コミュニケーションを円滑にしてくれる効果や、知性を刺激し行動を活性化させてくれる効果



・オレンジ

オレンジは喜びや幸福感、親しみ、元気、明るいといったポジティブな印象を強く受けるのでいろんなシーンで使用されていますよね。

赤の積極性と黄の判断力を併せ持った橙は思ったらすぐ行動してみる前向きさも与えてくれる効果があるといわれています。



・ワイン

ワインレッドにはセクシーで大人っぽいイメージがあるので、落ち着いた雰囲気を印象付けることができます。インテリアにも取り入れやすい色なので、上品で大人っぽい印象にしたいという時には落ち着いたワインレッドが効果的です。秋のイメージにもピッタリですね。


・ホワイト

ホワイトは信頼感や清潔感といったクリーンなイメージを与えるので高い好感度があります。光を透過する白は健康には一番良い色とされており、白の真っさらな状態は始まりや出発といったスタートを印象づけます。



6色の花合わせの中からお気に入りは見つかりましたか。

秋を楽しむ紅葉の枝物を入れたものもご用意しております。

ぜひ季節を感じるよいはなを飾って気持ちよく過ごしてくださいね。