夜空を眺めよう「十五夜特集」

 

いつもよいはなをご利用いただき、ありがとうございます。

 

 

 

さて今週は、「十五夜特集」です♪

 

 

 

十五夜は「中秋の名月」や「お月見」とも言いますね。

 

 

 

十五夜は一年の中で最も空が澄み渡る旧暦の8月に、ススキやお餅をお供えして月を観賞し、秋の収穫に感謝する日です。

 

 

皆さまは、何か計画されていらっしゃいますか?

 

 

 

 

 

 

 

そもそもは、平安時代の貴族が中国の風雅な観月の習慣を取り入れたものが十五夜の始まりですが、江戸時代になって庶民に広がると、秋の収穫物を供えて実りに感謝をする行事となりました。

 

 

 

2022年の十五夜は910日(土)ですが、十五夜の日は旧暦815日の月を指す為、毎年変わります。

 

 

毎年変わるのは、太陽の動きではなく月の満ち欠けを基準にしていた旧暦に合わせているため、なのですね。

 

 

また、月の満ち欠けも約15日周期と一定でないため、十五夜と満月が若干ずれることがあるそうです。

 

 

 

 ところで、収穫に感謝をする日ならばなぜススキではなく稲穂を供えないのか?と疑問に思われた方もいらっしゃるかもしれません。

 それは、ススキが月の神様の依り代と考えられていたことや、稲刈り前の時期のため、稲穂に似たススキを代用したためと言われているそうです。

また、ススキの鋭い切り口が魔除けになるとされていたとから、お月見の後に軒先にススキを吊るす風習が残っている地域もあるようですよ。 

風になびくススキも、とっても風情があって良いですよね!日本らしい秋の草花と一緒に花瓶に生けると季節感たっぷりで、満月の夜を迎えるのが楽しみになりそうです。

 

 

 

 

 

 

ちなみに十五夜でお供えするお月見団子は満月に見立てたもので、三方や皿に白い紙を敷き、十五夜にちなんで15個または5個を盛ります。

 

 

 

皆さまのご自宅では何個用意されるのでしょうか?

 

 

食いしん坊の私は、もちろん15個!!!です(*^-^*)

 

 

 

今回よいはなでは、ご自宅用の花材セットや、ギフトとしてご利用いただけるアレンジメントと花束をご用意しております。また、ちょっと珍しい?!パンパス(西洋ススキ)もご用意しています。

 

 

十五夜の限定ブーケ「プレーヌ・リュヌ」

 

 

十五夜の限定アレンジメント「ラパン」

 

 

ご自宅用のお花セット

 

 

パンパスグラス

 

 

今年の十五夜は、ちょっとワイルドな見た目のパンパスに挑戦してみるのも良いかもしれませんね。

 

伝統的な文化にならい、皆さまも秋の花あしらいを楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

 

ぜひ、素敵な秋の夜をお楽しみください。

 

by よいはなフラワーデザイナー Nao